骨盤矯正について

骨盤は人間の上半身と下半身をつなぐという大事な機能を果たしていますが、この骨盤が歪んでしまうのは一体どのような原因があるのでしょうか。

骨盤の歪みやズレというのはつなぎ目の部分の靭帯や筋肉がゆるむ事で、骨が歪んだりズレたりしてしまいます。骨盤自体が歪むと全身に悪影響となり、色々な症状が出てくるとされています。

骨盤の歪みの原因

脚を組むことが原因の場合

骨盤が歪む原因として挙げられるのが、まず日常的に足を組む事が多い場合です。これは片方の足にもう片方の足を乗せるという動作が原因で、足はもちろんの事骨盤も持ち上がってしまいますので、ねじれによって骨盤の歪みに繋がっていきます。

鞄などが原因の場合

また肩掛けカバンを良く使用する方も注意が必要で、片方の肩にカバンを掛け続ける事で骨のバランスが失われてしまいます。

カバンを掛けている時もそうなのですが、カバンを掛けていなくても身体がバランスを保とうとして、肩が上がるような状態に癖がつく場合もあるのです。肩甲骨が歪んでいくと背中から腰へと骨は繋がっていますので、骨盤の歪みとなっていくのです。

うつ伏せの睡眠が原因の場合

そして睡眠時の姿勢も影響があるとされ、うつ伏せで寝ている事が多いと骨盤に影響を及ぼします。うつ伏せですと首や肩、さらに腰もどちらかに傾きやすくなります。

カバンの場合もそうですが、首や肩の負担から腰にも影響となりますし、睡眠時には長時間にもなりますので、骨盤への大きな影響にも繋がってきます。

その他の原因と影響

これらが日常時において骨盤の歪みが発生する主な要因ですが、女性の場合には出産を機に骨盤が歪んでしまうという場合も多く見受けられます。

また、骨盤が歪むと出てくる症状としては、内臓の圧迫によっておなかがぽっこりと出てしまう事がある他にも、食べ物の消化などにも関係してきます。

その他にも身体のバランスが崩れて、体重のかかり方がかたよりますので、O脚やX脚という原因ともなりえますので、身体のバランスには気を付ける必要があります。

骨盤矯正されたいなら当院にお任せください。

骨盤の歪みは急速に進行するものではなく、自分では気づかないレベルで少しずつ進行していきます。そのため不具合にはすぐに気づけないことが多いですが、なんとなく不調が続くような状態なら問題があります。

原因を解消しない以上は、放置してよくなることはありません。むしろ加齢によって状態は悪化していくので、なるべく早く、当院にご相談ください。

当院ではご来院頂く全てのお客様お身体の悩みを綿密なカウンセリングを踏まえた“てあつい”施術を心がけております。お悩みの方は柳井市にあるてあつい整体院柳井院にお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒742-0031 山口県柳井市南町2丁目7−4

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス